不動産所得の所得税

不動産所得とは不動産の貸付による所得をいいます。

例えば土地やアパートの貸付けがそれに該当します。

不動産所得の計算

不動産所得は総収入金額から必要経費を控除して計算します。

後述しますがどちらも毎年同じようなものが定型的に発生するだけです。

したがって計算はシンプルです。

一時所得のような50万円の特別控除の適用ははありません。

ただし青色申告特別控除の適用は受けられるため該当する場合には控除できます。

青色申告特別控除は10万円か65万円の控除となります。

事業所得がなく不動産貸付が事業的規模でない場合等は10万円控除となります。

不動産所得の総収入金額

不動産所得の総収入金額は通常、賃貸借契約に基づき毎月発生する賃料がベースとなります。

賃料変更がなければ月額賃料×12が家賃収入もしくは地代収入となります。

それプラス、権利金収入(借地権収入)、礼金収入、更新料収入が総収入金額になります。

敷金は返金しないことが確定した時点で確定した部分が総収入金額になります。

不動産所得の必要経費

不動産所得に必要経費はほとんど発生しません。修繕費、固定資産税くらいとなります。

あとは建物の減価償却費が一定額発生します。

建物の購入資金を借入金で賄っている場合には借入金利子も必要経費になります。

銀行への借入金返済は必要経費にはなりません。単なる借金返済です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク